一般社団法人 真岡青年会議所

第48代理事長 伊澤 学

メディア紹介

2017年6月3日に下野新聞に掲載されました

4月第1例会『グラ鉄!~グラフィティーを走らせよう~』が各メディアにて取り上げられました

2016年4月24日(日)
子ども未来創造委員会による、4月第1例会『グラ鉄!~グラフィティーを走らせよう~』が行われました。
日本初の子どもたちが自由な発想で電車車両本体に直接、絵を描ける事業として各メディア(とちぎテレビ・下野新聞・読売新聞)に取り上げられる結果となりました。
この事業は、子どもたちの自由な表現力発想力を育むために普段では味わえないような体験をすることで、さらなる自由で豊かな表現力の向上を目的としています。

2016年3月18日に下野新聞に掲載されました

3月第1例会「まち・ひと・しごと創生総合戦略勉強会」を開催致しました。
郷土の「今」を知り、そして「これから」を語ろう!~をサブタイトルに、芳賀 町に内閣府地方創生推進室 参事官補佐の横田清泰氏をお迎えし「地方創生の必 要性」についてお話しいただきました。
更に、栃木県内4市6町の自治体が策定した地方版総合戦略の特徴を発表。
そして、真岡青年会議所のメンバーと、栃木県のご担当者、また所属メンバー が在住している、4市6町の行政職員有志の方々で、「自分の郷土をよくするため に」「自分の家族の暮らしを豊かにするために」をテーマにグループワークを行 い、講師の横田氏に総評を頂きました。
様々な生活圏でありながら、同世代として官民共同で問題を共有し、自分たち の郷土の創生について、共に学び、考え、語り合ったことは、とても充実した時 間であり、今後の活力につながる貴重な機会となりました。
>>記事画像はこちら

JCの全国機関紙であります「WE Blive」に掲載されました。

JCの全国機関紙であります「WE Blive」に、真岡青年会議所の紹介と、昨年「会頭特別賞」を受賞した、「NOMIKAI A GO!GO!」が、当時委員長を務めた細野監事のインタビューとともに、2ページに渡り掲載されました。

2016年2月27日の例会「旭山動物園の劇的ビフォーアフター」が新聞に掲載されました。

2016年2月第1例会

旭山動物園の劇的ビフォーアフター
~いち獣医はいかにして動物園の匠となったか~
2016年2月27日の例会「旭山動物園の劇的ビフォーアフター」が新聞に掲載されました。会場は、真岡市民会館で行われます。午前10時開演。入場無料ですが、申し込みが必要です。

シンポジウム「久保貞次郎と北川民治を語る」が下野新聞、真岡新聞に掲載されました。

先日1月9日に宇都宮大学にて行われた宇都宮大学と当青年会議所の共催で、シンポジウム「久保貞次郎と北川民治を語る」が真岡新聞に掲載されました。

2014年 例会「NOMIKAI A GO! GO!」が新聞に掲載されました。

NOMIKAI A GO! GO!

地球規模での公共心を得るため、外国人と交流を行い、会場は、日本の伝統文化である、日本酒造りを行っている外池酒造様にて、開催いたしました。